ワークショップデザイナー育成プログラム受講③子育ても学んでます^^;


ワークショップデザイナー育成プログラムの一環で、平田オリザさんによる「ワークショップとコミュニケーション教育」の映像教材を見ました。
平田オリザさん

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/平田オリザ

 

私の子育てに足りてないことばかり〜〜汗

先日受講した基礎理論科目で、アウトプットを意識してインプットをすると

「〇〇を通して△△を学んだ」

と二通りの学びが得られると、教えていただきました。
この平田オリザさんの講義が、私にとって正に
「ワークショップデザインを学びながら、今子育てに必要なこと」
を学んでいる!という感じ。
足りてないことばかりだよ。。。

 

「対話力」大事!!!

もう、多様化している今、求められる力は対話力とのこと。
以下、対話力とは?の私なりの解釈!


日本人は「わかり合う察し合う文化」を持っている。
それは世界では少数派だと認識して、それをオリジナリティとし、価値観が異なる人たちへ伝え、擦り合わせできる力。
それは一朝一夕で得られるものではなく、体験し積み重ねていくことで、徐々に身につき進化していくもの。
だから、生活、環境、経験全てが教育なのよね。当たり前?なことに、改めて気づかされました。

 

東京在住なのに、もったいない事してた!!

芸術や最新のテクノロジーがすぐそばにある東京在住のメリットを、全然自分の子どもたちへ提供できていない!と痛感。
私、ばかー!!!
特に上の子は11歳だし、親と喜んで外出してくれて、たくさん自由時間のある、子ども時代後半の貴重な期間だと気づかされました。
このタイミングで、平田オリザさんの教材に出会えたことに、感謝。
子どもらよ、今頃そんなこと言っている、だめ母でごめんよーーっっ

 

過干渉を反省。。あとは、実行のみ(´∀`*)

f:id:iyo_iyooooo:20170911120546j:plain

月に一回は、子供たちが芸術とか最新のテクノロジーに触れる機会を作る、と決めました。
そして、感じたことを一緒に話して言葉にしていく時間を楽しむ!
子どもたちから言葉が出てくるまで、ちゃんと待とう。
待つ勇気がなくて、結果がすぐに欲しくて過干渉になっている自分とも、さようならしたいです。
私も最近、スラックや余裕の大切さを実感しはじめたところ。
ここ何年も抑え込んでた「わくわくする気持ち」を少しづつ解放できるようになった気がします。

早速行ったteamLab Jungle
楽しかった♡
ちゃんと継続するぞ♡

バイトル presents チームラボジャングル - Kids Noonと学ぶ!未来の遊園地 | teamLab / チームラボ

f:id:iyo_iyooooo:20170911120707j:plain