株式会社プロノバ 岡島悦子さんセミナー参加メモ(2016年振返り)

ここ3年、手帳は4月始まりの「アクションプランナー」を使っています。

■自分を予約する手帳「Action Planner」

http://eshop.ewoman.jp/

f:id:iyo_iyooooo:20170228141450j:plain

そろそろ2017年度版に切替える時期。

2016年度手帳に記録したセミナーや講演メモを、移行する意味でブログに残そうと思います。

 2016年12月、勝間和代さん主催 株式会社プロノバ 岡島悦子さんのセミナーに行きました。

テーマは「キャリアマネジメント」

■株式会社プロノバ

http://www.pronova.co.jp/

 

心に残ったキーワードを羅列します!

勝間和代さん>

  • 自分のタグ(強み)を早くつける→抜擢される→スパイラルアップ
  • 「いかに相手を引き立たせるか」が重要。そのGiveが返ってきて抜擢につながる。
  • タグは、自分のいる世界(部門やグループ)で1番になれることでOK。たとえば、部門30人の中で1番になれる強みは何か?自分は何で助けることができるか?
  • 自己啓発にばかりでなく「機会開発」に力をいれるべき。
    他人と繋がることでレバレッジがきき、自分の力が簡単に1000倍になる。
  • 成功は「わらしべ長者」がお手本。全て他人から求められいる。
    強みは他人が見つけてくれる。

 

<岡島悦子さん>

  • VUCA(ブーカ)の時代であることを理解する。
    Volatility(変動性)
    Uncertainty(不確実性)
    Complexity(複雑性)
    Ambiguity(曖昧性)
  • ビジネスドメイン周期が18年となってきている。自分達の労働寿命より早く終わってしまう。
  • 一番安全なのは「いつでもどこでも稼げる人でいること」
  • 変化は必須。昨年と同じ=後退。下りエスカレーターに乗っている状態。
  • 組織としても個人としても成長を続けるには「ゆらぎ」が必要。 「ゆらぎ」は同じメンバーでは起こらない。ダイバーシティが必要。
  • 日本企業の仕事の49%はAIが取って代わる。この認識を持たないとキャリアプランも誤ってしまう。
  • 今後は「カリスマ型」でなく「羊飼い型」リーダーシップがメインになっていく。
    ■ハーバード流 逆転のリーダーシップ
    http://amzn.asia/bLVf0yV
  • 起業は、最初のビジネスプランは大したことがない。トライ&エラーで磨かれていくもの。
  • 強みは他の人に見つけてもらう。(勝間さんと同じことおっしゃていた!)
  • 成果は「戦略×実行」で生まれる。PDCAをぐるぐる回せる実行力があるのがリーダー。
  • ヒーローインタビュー「自分のプロジェクトX」を語ると、タグがわかる。
  • 課題抽出はAIにはできない。解決はAIがする。
  • わくわくする力も、共感する力も人間ならでは。
  • とにかく「打席に立つ」。経験したことがあるか、が問われる。
    未来の自信をつけるには、これしかない。
  • 「能力開発」×「機会開発」→小さな実績を積み上げる。
  • 打席に立たせてもらうために「相手目線」の自分マーケティングをする。まずは、社内でチャレンジしている人のフォロワーになる。
  • 自分は「and検索」で何を想起されるか?
    どんどんオープンイノベーションが起こり、企業・組織間の壁は低くなる。「うちの会社から出すなら誰にする?」で想起される人になる。
  • キャリア・ドリフト!!(漂流)

 

それで、私はどうする?

会社員としてなら、今勤務している規模の会社の方が打席に立てるし、想起されやすいし、小さな範囲でのNo.1も作れると思いました。

会社員をしながら、AIではない自分ならではの価値提供ができるよう、近い将来副業も始めて両方でドリフトしていこう!と改めて思いました。

このセミナーと、「LIFE SHIFT」と「逆転のリーダーシップ」を読んで、ワークショップデザイナー育成プログラムの受講を決めました。

自分の強みである「コミュニケーション力」を磨いて、価値として提供できるようになる一歩にしたいな。

じわじわ前進ができるように、行動続けますーーーーー