読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トークイベント「モテる女の言葉テク」with OTONA倶楽部 に行ってきました♪

国語教師の松嶋友香さんと、官能小説家の蒼井凛花さんのトークイベント「モテる女の言葉テク」with OTONA倶楽部 に行ってきました。
総勢16人の大人女子会♪

  • 何故、このお二人の組み合わせ?!

お二人はOTONA SALONEという40代独身女性向けサイトでコラムを書かれています。

OTONA SALONE
https://otonasalone.jp/
松嶋友香さんページ
https://otonasalone.jp/author/writer-y-m/
蒼井凛花さんページ
https://otonasalone.jp/author/writer-r-a/

また、私も参加している、あるコミュニティの仲間でもあります♪

今回のトークイベントは、異性だけでなく年上にも年下にも「魅力的」と思われる女性になるTipsを「言葉」の側面から語るものでした!

 

  • なんで参加したの?

「お前、既婚者じゃん」という自分へのツッコミもありつつ笑、どうせ寿命100年時代になるなら、「人間としてモテ続けたい」と思ったから。
体力が落ちて動きにくくなっても残るのは、言葉や文字だと思うし、ちょっとした心がけで周りの人たちとの関係が良くなるなら、幸福感が続くと思ったから。
まだ倍以上生きちゃうつもりだしね!
今から学んでも遅くはないでしょう♪♪
あとは、単純に有香さん・凜花さんはじめ、この場に集まる方々に会いたかったから!!

 

  • このイベントでの学び

「だって」を忘れ、「ありがとう」を忘れずに毎日を過ごそうと思いました。
「だって」を「そうね」に置き換えるだけで、その後に続く言葉が全く変わってくるという、有香さんのコラムとトークに大納得。

■「だって」を「●●●」に変えるだけ。口下手でもモテる会話術
https://otonasalone.jp/16444/

「そうね」って柔らかくて素敵な言葉だけど、普段使うのは私にはちょっと恥ずかしいので「そうだね」とか「ほんとだね」にアレンジして使おうと思います♪

また、凜花さんは原稿が採用されないなど、マイナスな状況でも「ありがとうございます」「また次頑張ります」とおっしゃるとの事。
「ありがとうございます」と言われるのと、ないのとでは、受け手側の印象も本当に変わるだろうな、と思いました。
「ありがとう」は今でも使うように心がけてはいるけれど、夫には手薄になっていたので笑、その辺気を付けます!

あとは、やっぱり非言語情報ですねーーー
言葉がテーマのイベントに行っておいてなんですけど、実際にお会いして、その方が発する雰囲気と声とが重なって、より言葉が心に入ってくると感じました。
コラムを読んだだけとは、腹落ち感が違う!
雰囲気だけでも、言葉だけでもだめで、両方を持った人が「魅力的な女性」なんだろうな。
そういう大人の女になりたいな。

  • 最後に

今回は、OTONA SALONEのコミュニティ版「OTONA倶楽部」運営ご担当の方も参加されていました。
お仕事に真摯で、素敵な女性たちでした♪
40代の仕事をしている女性を中心にした会員制コミュニティとの事。

■OTONA倶楽部
https://otonasalone.marco.jp/

「2016年10月にスタートしたばかりのコミュニティなので、私たちで作っていける」
との有香さんの煽りに「なるほど、いいかも」と、あっさり思ってしまいました笑
どんな方たちが参加しているのか、しばらくウォッチしてみます!