株式会社プロノバ 岡島悦子さんセミナー参加メモ(2016年振返り)

ここ3年、手帳は4月始まりの「アクションプランナー」を使っています。

■自分を予約する手帳「Action Planner」

http://eshop.ewoman.jp/

f:id:iyo_iyooooo:20170228141450j:plain

そろそろ2017年度版に切替える時期。

2016年度手帳に記録したセミナーや講演メモを、移行する意味でブログに残そうと思います。

 2016年12月、勝間和代さん主催 株式会社プロノバ 岡島悦子さんのセミナーに行きました。

テーマは「キャリアマネジメント」

■株式会社プロノバ

http://www.pronova.co.jp/

 

心に残ったキーワードを羅列します!

勝間和代さん>

  • 自分のタグ(強み)を早くつける→抜擢される→スパイラルアップ
  • 「いかに相手を引き立たせるか」が重要。そのGiveが返ってきて抜擢につながる。
  • タグは、自分のいる世界(部門やグループ)で1番になれることでOK。たとえば、部門30人の中で1番になれる強みは何か?自分は何で助けることができるか?
  • 自己啓発にばかりでなく「機会開発」に力をいれるべき。
    他人と繋がることでレバレッジがきき、自分の力が簡単に1000倍になる。
  • 成功は「わらしべ長者」がお手本。全て他人から求められいる。
    強みは他人が見つけてくれる。

 

<岡島悦子さん>

  • VUCA(ブーカ)の時代であることを理解する。
    Volatility(変動性)
    Uncertainty(不確実性)
    Complexity(複雑性)
    Ambiguity(曖昧性)
  • ビジネスドメイン周期が18年となってきている。自分達の労働寿命より早く終わってしまう。
  • 一番安全なのは「いつでもどこでも稼げる人でいること」
  • 変化は必須。昨年と同じ=後退。下りエスカレーターに乗っている状態。
  • 組織としても個人としても成長を続けるには「ゆらぎ」が必要。 「ゆらぎ」は同じメンバーでは起こらない。ダイバーシティが必要。
  • 日本企業の仕事の49%はAIが取って代わる。この認識を持たないとキャリアプランも誤ってしまう。
  • 今後は「カリスマ型」でなく「羊飼い型」リーダーシップがメインになっていく。
    ■ハーバード流 逆転のリーダーシップ
    http://amzn.asia/bLVf0yV
  • 起業は、最初のビジネスプランは大したことがない。トライ&エラーで磨かれていくもの。
  • 強みは他の人に見つけてもらう。(勝間さんと同じことおっしゃていた!)
  • 成果は「戦略×実行」で生まれる。PDCAをぐるぐる回せる実行力があるのがリーダー。
  • ヒーローインタビュー「自分のプロジェクトX」を語ると、タグがわかる。
  • 課題抽出はAIにはできない。解決はAIがする。
  • わくわくする力も、共感する力も人間ならでは。
  • とにかく「打席に立つ」。経験したことがあるか、が問われる。
    未来の自信をつけるには、これしかない。
  • 「能力開発」×「機会開発」→小さな実績を積み上げる。
  • 打席に立たせてもらうために「相手目線」の自分マーケティングをする。まずは、社内でチャレンジしている人のフォロワーになる。
  • 自分は「and検索」で何を想起されるか?
    どんどんオープンイノベーションが起こり、企業・組織間の壁は低くなる。「うちの会社から出すなら誰にする?」で想起される人になる。
  • キャリア・ドリフト!!(漂流)

 

それで、私はどうする?

会社員としてなら、今勤務している規模の会社の方が打席に立てるし、想起されやすいし、小さな範囲でのNo.1も作れると思いました。

会社員をしながら、AIではない自分ならではの価値提供ができるよう、近い将来副業も始めて両方でドリフトしていこう!と改めて思いました。

このセミナーと、「LIFE SHIFT」と「逆転のリーダーシップ」を読んで、ワークショップデザイナー育成プログラムの受講を決めました。

自分の強みである「コミュニケーション力」を磨いて、価値として提供できるようになる一歩にしたいな。

じわじわ前進ができるように、行動続けますーーーーー

トークイベント「モテる女の言葉テク」with OTONA倶楽部 に行ってきました♪

国語教師の松嶋友香さんと、官能小説家の蒼井凛花さんのトークイベント「モテる女の言葉テク」with OTONA倶楽部 に行ってきました。
総勢16人の大人女子会♪

  • 何故、このお二人の組み合わせ?!

お二人はOTONA SALONEという40代独身女性向けサイトでコラムを書かれています。

OTONA SALONE
https://otonasalone.jp/
松嶋友香さんページ

otonasalone.jp


蒼井凛花さんページ

otonasalone.jp

また、私も参加している、あるコミュニティの仲間でもあります♪

今回のトークイベントは、異性だけでなく年上にも年下にも「魅力的」と思われる女性になるTipsを「言葉」の側面から語るものでした!

 

  • なんで参加したの?

「お前、既婚者じゃん」という自分へのツッコミもありつつ笑、どうせ寿命100年時代になるなら、「人間としてモテ続けたい」と思ったから。
体力が落ちて動きにくくなっても残るのは、言葉や文字だと思うし、ちょっとした心がけで周りの人たちとの関係が良くなるなら、幸福感が続くと思ったから。
まだ倍以上生きちゃうつもりだしね!
今から学んでも遅くはないでしょう♪♪
あとは、単純に有香さん・凜花さんはじめ、この場に集まる方々に会いたかったから!!

 

  • このイベントでの学び

「だって」を忘れ、「ありがとう」を忘れずに毎日を過ごそうと思いました。
「だって」を「そうね」に置き換えるだけで、その後に続く言葉が全く変わってくるという、有香さんのコラムとトークに大納得。

■「だって」を「●●●」に変えるだけ。口下手でもモテる会話術
https://otonasalone.jp/16444/

「そうね」って柔らかくて素敵な言葉だけど、普段使うのは私にはちょっと恥ずかしいので「そうだね」とか「ほんとだね」にアレンジして使おうと思います♪

また、凜花さんは原稿が採用されないなど、マイナスな状況でも「ありがとうございます」「また次頑張ります」とおっしゃるとの事。
「ありがとうございます」と言われるのと、ないのとでは、受け手側の印象も本当に変わるだろうな、と思いました。
「ありがとう」は今でも使うように心がけてはいるけれど、夫には手薄になっていたので笑、その辺気を付けます!

あとは、やっぱり非言語情報ですねーーー
言葉がテーマのイベントに行っておいてなんですけど、実際にお会いして、その方が発する雰囲気と声とが重なって、より言葉が心に入ってくると感じました。
コラムを読んだだけとは、腹落ち感が違う!
雰囲気だけでも、言葉だけでもだめで、両方を持った人が「魅力的な女性」なんだろうな。
そういう大人の女になりたいな。

  • 最後に

今回は、OTONA SALONEのコミュニティ版「OTONA倶楽部」運営ご担当の方も参加されていました。
お仕事に真摯で、素敵な女性たちでした♪
40代の仕事をしている女性を中心にした会員制コミュニティとの事。

■OTONA倶楽部
https://otonasalone.marco.jp/

「2016年10月にスタートしたばかりのコミュニティなので、私たちで作っていける」
との有香さんの煽りに「なるほど、いいかも」と、あっさり思ってしまいました笑
どんな方たちが参加しているのか、しばらくウォッチしてみます!

 

ワークショップデザイナー育成プログラムを受講します♪

今年に入って受験をした

青山学院大学 社会情報学部 ワークショップデザイナー育成プログラム」

の合格通知が、2017年2月15日に届きました♪

後期の8月から受講します。

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/

f:id:iyo_iyooooo:20170221123347j:plain

  • 「ワークショップデザイナー育成プログラム」とは

----

ワークショップデザイナーは、「コミュニケーションの場づくりの専門家」として、コミュニケーションを基盤とした参加体験型活動プログラム(ワークショップ)の企画・運営、コーディネートができる専門職です。本プログラムではその育成を目的とします。

----

2017年度1期2期募集要項より抜粋

http://www.aoyama.ac.jp/outline/effort/education_reform/2008/region/pdf/recruit_2017_01-02.pdf 

  • なせ受講したいと思ったの?

このプログラムを初めて知ったのは、あるコミュニティで知り合った尊敬するワーママが2014年に受講されていたから。

「わぁ、すごいなぁ、面白そうだしやってみたいなぁ」

と、思ってはいたけれど、当時は息子も3歳で手がかかったし、週末中心の実践ワークをこなせる自信がありませんでした。

 

でも、いつかは受講してみたい!と心に引っかかっていて、2016年に立てた今後のキャリアプランにも

「2018年 ワークショップデザイナー育成プログラム受講する」

と書いていました。

 

1年前倒しで受験した決め手は、3つあります。

  1. 去年初めて自分で小規模な「時間管理術」セミナー開催や、会社でワークショップ的な事を実施して、体感することの重要さを再確認し、体系的に学びたいと思ったこと

  2. 「LIFE SHIFT」を読んで100年人生に対応できるスキルを身に付けたい。それは自分の強みであるコミュニケーション力を活かすしかないと思ったこと
  3. 株式会社プロノバの岡島悦子さんの講演を聞き、今後のリーダーシップ像を知ったこと

寿命100年人生、あと倍以上生きると考えた時、改めて

「健康で、ずっと人の役に立って働いていたい!」

と思ったんです。

今後「AIと共存して働くのは避けようがない」という事実以外は先が読めない時代に、ずっと人ならではの価値を出していくには、私には「コミュニケーション」しかない、と確信しての前倒しでした。

 

3ヶ月間の集中講座で、期間中はハードな日々になりそうで若干びびっていますが笑、不安なくらいが成長できるチャレンジなので、がんばります!!

  • おまけ 合格通知到着までのドタバタ

2月10日頃に結果が郵送される、との事だったのに13日になっても到着せず。

偶然一緒に受験したお友達に13日に合格通知が届いていて、到着に時間差あるのねーと、待つことに。

もしかして、返信用封筒を同封しなかったかも!私ならやりそう!と焦る。

 

14日、仕事を終えてポストを開けても届いていない!!

これって落ちた人には後から通知なのかなぁと、負の思考ループに。

ワークショップデザイナーの理念にシンパシーを感じていただけに、失恋気分で落ち込む私に息子(6歳)が、

 

「信じれは、それは叶う」

 

とか、どこで仕入れた?!というちょっとした金言を投げかけてくれたり笑、

最後の最後には

 

「もう落ちてんじゃない?」

 

と、切り捨てられてがっくりしたり笑、どたばた過ごしました。

翌朝、出勤前のバタバタで試験のことを一瞬忘れていたら息子が

「ママ、まだあのこと気にしてるの?」

と聞いてきて

「今それで思い出したっ泣」

となったり笑、家族にも心配をかけました!

 

15日、無事に合格通知を受け取り、一件落着。

でも、「20円郵便料金不足」というオチ付き^^;

あっさり終わらせてくれないのね。。。

合格だったから、いいけどねっっ

f:id:iyo_iyooooo:20170221124719j:plain

「新エバンジェリスト養成講座~相手を動かすプレゼンテーション技術~」受講レポート

f:id:iyo_iyooooo:20161218141959p:plain

ちょっと(?)前ですが、2016年4月19日に受講した、マイクロソフト西脇資哲さんの
「新エバンジェリスト養成講座~相手を動かすプレゼンテーション技術~」

のレポートです。

直近では12月にも開講している人気講座なので、今後も続きそう?!
ご参考になれば嬉しいです。

プレゼンテーションスキルのニーズについて

  • 今回会場アンケートを取ったところ、会社経費での参加が約30%。
    5年前は10%に満たなかったが、そこまで仕事上のニーズが育ってきている。
  • 西脇さんがプレゼン指導をしている分野は主に3つ。
    「教育」「会社」「議員」
  • プレゼンのゴールは「英語プレゼン」
  • 京大iPS細胞研究所の山中教授へもトレーニング指導。

プレゼンテーションとは「相手を動かすこと」

「情熱」+「準備」+「テクニック」
→伝える内容に「情熱」があり、「誰をどうさせたいか」が明確なことが前提。
その上で「テクニック」を織り交ぜる。

シナリオテクニック①【プレゼンテーション黄金比3:7】

前半30%:課題提起 後半70%:本題
→メインテーマを決め「何故このプレゼンをしているのか」を伝え、課題提起をする。(聴衆との合意形成)
→本題は、後半70%で伝える。

シナリオテクニック②【デマンド(必要性)を植え付ける】

「ホラーストーリー」→「希少性」→「魅力」の順で必要性を植え付ける。
ジャパネットたかたは、見事にこのストーリーを使用している。
 例)可愛い孫の運動会写真が全部手ブレだった。手ブレ防止機能付きデジカメが無い と、綺麗な想い出写真が残せない。(ホラーストーリー)
      ↓
先着○○○名様限定で、手ブレ防止デジカメを格安でご提供します。(希少性)
      ↓
手数料はジャパネットが負担します。(魅力)

シナリオテクニック③【まとめは必ず「最初」を振り返る】

その他テクニック

  • 必ず手を使って表現する!!!手は「胸より上」で「肩幅より外」へ持っていく!!
  • スライドは「地の色を含めて」4色+強調色1色まで。
  • 「話していること=聞いていること=見ていること」目で追っている情報しか人は頭に入らない。
  • 接続詞で振り向く/目を上げる動作は効果的。
  • 短い分を接続詞でつなぐと伝わりやすい。「さて」「しかも」「ですから」
  • 会場を前後・左右に4分割してグループとして見る。
  • プレゼンは顧客視点の表現で!
    × 「新種のりんごをお届けします」
    〇「新種のりんごが味わえるんです」
  • Fact&Optionで伝える。
    例)「犬は800種います。(Fact)
    私たちは様々な犬に出会えるんですね。(Option)」
  • 次のスライドへ行く前にブリッジを入れる。
    例)スライドA→「ではどういう理由でそれが起きたか見てみましょう」→スライドB

代表的な名プレゼンテーション

  1. キング牧師I have a dream

    youtu.be

  2. スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学スピーチ

    youtu.be

  3. マドンナ VMA2009 マイケル・ジャクソン追悼スピーチ

    www.mtvjapan.com

  4.  

    ステイシー・クレマー「人生最高の贈り物」

    www.ted.com

     

  5. ジャック・アンドレイカ「有望な膵臓がん検査」ティーンネイジャーのスピーチ
    https://www.ted.com/talks/jack_andraka_a_promising_test_for_pancreatic_cancer_from_a_teenager

まとめ

講座でお聞きしたことを自分の備忘も含めて書きましたが、やっぱりリアルに西脇さんのプレゼンをお聞きしたのが、一番響きました。

ご本人が発する非言語情報や「間」や「目線」含めて体験できる講座、機会があれば是非!受講してみてください。

同名の本も出版されていますね。
http://amzn.asia/gl8bLmH

はじめまして!イーヨーです。

子育てしながら、会社員しながら、コツコツ時間を積み上げて、じわじわ前進中のワーキングマザーです。

 

じわじわ前進の事例

 

ミッションステートメント

  • 周囲の人たちが笑顔になる場を何度もつくる。
    →「笑顔にしたい」と思う人達に求められる人格・スキルを持つ。
    →それが何かを日々模索中。

 どうぞ、よろしくお願いします!