自分の人生の終わらせ方は自分で決めたい! アドバンスケアプランニングの公開講座に行ってきました

週末に「自分らしく生きるヒント 高齢期のアドバンスケアプランニング」公開講座に行ってきました。
参加動機は、お友達の角田ますみさんが講演されるから!と、以前生命倫理や遺伝カウンセラーとしての活動を少しお聞きして、ますみさんのライフワークをちゃんと聞いてみたい!でした。

f:id:iyo_iyooooo:20170716110232j:plain

■角田ますみさんプロフィール
杏林大学保健学部看護学科 准教授

www.kyorin-u.ac.jp

  • 「最期を考える」からこそ「どう生きたいか」だった
  • 90歳の時、どんな状況でるつもり?を初めて考えた
  • さて、まず夫と話さなきゃね
  • キャリアプラン的に思ったこと

「最後を考える」からこそ「どう生きたいか」だった

ますみさんは、看護士や訪問介護の現場経験から
「自分の人生の最期を自分で決めるのは、こんなにも難しいのか」
と、体感されてきたとのこと。
それが「生命倫理」、意思決定をどうするか、のライフワークへとつながり現在の活動となられています。

f:id:iyo_iyooooo:20170716110333j:plain


現在、終末期の痛みのコントロールは優れていて、ちゃんと痛みを抑えてくれるそう。
でも自分の人生に後悔があると、たとえ痛みがコントロールされていても、鬱々としてしまうとのこと。
だからこそ、これからの人生をどう生きていくか「目的地の絵葉書を描く」ための、「アドバンスケアプランニング」が必要なんですね。

90歳の時、どんな状況でるつもり?を初めて考えた

f:id:iyo_iyooooo:20170716110436j:plain


100歳まで元気に生きる気でいたけれど、キャリアのことばかり考えていたことに、初めて気づきました驚
家も建てちゃったし、夫と子ども達と、何となくこのままの生活ベースが続いていく感覚を持っていました。
要は、ちゃんと考えたことなかった^^;

私が90歳の時、同い年の夫は、平均寿命から言ったら私より10年くらい早く死んじゃってる?!
もし彼が意識を失った状態になったら、私が代理判断で彼の終わりを決めなくてはならないのね。
私がどう生きたいかもそうだけど、彼がどう生きたいかも聞いておかないと、だめじゃん!!
自分の両親だってそう。
こんな基本的なことにも、今回やっと気づきました。。

子ども達だって、日本に住んでいるかも分からないし、私は果たして誰とどう暮らしていたいのだろう?
今後も医療の発達はすごい、と聞いているので意識もしっかりしていたいし、トイレや入浴も自分でなんとかしていたい。。
だから!最新医療を享受できるような経済状態でいたい。。
今までこの問題に向き合わないでこれたこと自体は幸せだと思いますが、このタイミングで考えるきっかけをもらえて、ますみさんに感謝。

さて、まず夫と話さなきゃね

日々の雑事に追われて、夫と「どう生きたいか」なんて話したことありませんでした。
それに口数の多い人じゃないから、切り出し方もどうしたもんか、と考えていたら、一緒に公開講座へ行ったお友達から、ベスト!なドキュメンタリーを紹介していただきました。

■BS1スペシャル「ラスト ドライブ」人生の終わりに願うことは?

http:// https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2225497/index.html

録画したので、この3連休中に夫と観て、少しづつ話しを始めようと思います。
あと!!明日2017年7月17日AM11時に再放送するとのこと!!
ご興味あるかたは、チェックしてみてください。

キャリアプラン的に思ったこと

今回ますみさんのお話を伺って改めて、「ライフワークがあるって素晴らしい」と感じました。
10000時間以上を費やしたプロとして、使命感を持って取り組むことがあるって強いと思いました。
私に足りないのは、ここ。
100年人生、まだ折り返し地点にも立っていないので、これから私が10000時間費やしてもやっていきたいことは?
この視点で、今後について考えていこうと決めました。
ますみさん、本当にありがとうございました。

おまけ

2016年に移転したという、杏林大学井の頭キャンパスは美しかった!!

f:id:iyo_iyooooo:20170716110831j:plain


青々とした芝や広いキャンパスの環境が素敵で、週末の午前中の静けさも相まって、歩いているだけでテンション上がりました♪

「四半期振り返り会」に参加しました♪

週末、「2017年第2四半期の振り返り会」イベントに参加しました。
メンバーは、私が参加しているオンラインコミュニティの仲間です。
 
  • どうやって振り返るの?
  • 私の4月から6月はどうだったわけ??
  • グループで振り返って気づいたこと
  • 次の四半期に向けて
 

どうやって振り返るの?

 
昨年末から、「一人振り返り会」はしていました。
でも、この振り返り方法の醍醐味は他者からのフィードバック!!
↓↓↓
---
2.【他者からのフィードバック】
同じ事実、流れを語ったとしても、異なるバックグラウンド、異なる観点を持っている他の3人からは、予想外の投げかけや解釈が行われ、それまで自分が捉えていたものとは異なる結論や示唆を、自らの1年の経験から引き出すことができるようになります。

こればっかりは、一人振り返り会では得られなかったので、わくわくドキドキして参加しました。

 

私の4月から6月はどうだったわけ??

 
このブログには何度か書いていますが、仕事も将来に向けた学びも、ここ3年頑張ってきたことが一区切りし、次のステージへ上がるための「谷に下りている時期」だと思って過ごしてきました。
 
だからこそ、立ち止まっちゃいけない!という脅迫観念?で行動してきた感じ。
『「自信がないなら 、自信をつけるために頑張る 」しかありません 。』
という、はあちゅうさん著書の言葉を何度も思い出して過ごしました。
 
脅迫観念?で、じたばたしてきたこと
【とにかく、継続】
・参加してるコミュニティへの毎日投稿
・読書3冊/週
Skype英会話2回/週
・ブログ1〜2回更新/週
【苦しくても、行動】
・4月と6月に主催イベント実施
・仕事での、ちょいチャレンジ&基本に立ち返る活動
 
そうやって過ごしているうちに、本の言葉や、仲間達との交流、仕事上の良いフィードバックなどから、不安で落ち込んだ気持が浮上してきました。
 
6月に入ると、相変わらず迷いつつも、元気にじたばたできるように笑

 

グループで振り返って気づいたこと

f:id:iyo_iyooooo:20170707075222j:plain

自分の「当たり前」「たまたま」「全然」は、他人から見たら
「すごい!」「セレンディピティ!」「充分!」
だということ。
 
それは自分の強みを活かす「ストレングスファインダー」を知った時にも学んだはずでした。
強みは「息を吸って吐くように」自然すぎるから、本人は当たり前過ぎて気づかない、ということも意識してきたはずでした。
 
でも、自分の出来事や気持ちを可視化して、物語として話し、改めて第三者からのフィードバックをもらうと、「自分の当たり前は、他の人の当たり前ではない」ということを再認識しました。
そして、必要以上に自信を失っていたのかも、と思えました。
だって、私も同じグループの方の物語を聞いて「本当にすごい!」と思ったし、ご本人は「え?こんなことが?」という反応でした。
いや、本当にすごいから!笑
 
「コツコツ達人のチョモランマではないかもしれないけれど、高尾山レベルではない」
とのフィードバック、なるほどでした。
うん、やっぱり私にはコツコツしかないね。
コツコツを誠実に積み上げて、結果を伴ったコツコツを目指します。
チョモランマ目指したい♡
 

次の四半期に向けて

 
元気が出て、ポジティブな気持ちに戻り、7月を迎えられました。
8月後半からは、ワークショップデザイナー育成プログラムも始まります。
やみくもに不安だった春ではなく、元気になった夏から新たな挑戦ができることも、運が味方してくれている気がして嬉しいです。
 
継続すること、挑戦することをミックスして、「苦しいこともあったけど、成長できた!!」と言い切れるように過ごしたいです。
 

最後に♡

振り返り会のランチは、パーソナルシェフMackyさんのマクロビランチでした♪♪
■パーソナルシェフMackyさん

f:id:iyo_iyooooo:20170707075417j:plain

美味しくて、見た目も美しくて、身体にいい!
本当にすごいなーー

f:id:iyo_iyooooo:20170707075442j:plain

食べられて嬉しいなーー
と、幸せを感じました♡

親子で「ピタゴラ装置でプログラミング思考を学ぼう!」に参加しました

親子で「ピタゴラ装置でプログラミング思考を学ぼう!」に参加しました♪

  •  一緒に学んでいるグループのミッション、ビジョンがいい!
  • 今回は「インターフェース(つなぎ方)」の重要性を学ぶ!
  • 「デジタル・ネイチャー」ってこういうことなのかな??
  • で、うちの子たち、理解できてるわけ?^^;

 

一緒に学んでいるグループのミッション、ビジョンがいい!

毎月、ミッション・ビジョンに共感した、ゆるい繋がりの仲間が、親子で参加しているグループがあります。

 

■ミッション

 「今の社会を支える大人と20年後の社会を支える子どもが、共に学び成長することで欲しい未来を創っていく」

■ビジョン

 大人も子どもも、双方が楽しみながら共に学び成長していく

 大人にとっても子どもにとっても、学校や家庭以外のサードプレイスになる

 To DoだけでなくTo Beを大事にする

 

ミッションもビジョンも毎月の企画も、このグループを主催しているお仲間が作って運営して下さっています。感謝!!!

 

今回は「インターフェース(つなぎ方)」の重要性を学ぶ!

 探究型プログラミング学習の「探プロ」さんとのコラボワークショップでした。

www.tanpro-lab.jp

プログラミングではなく、「プログラミングの考え方を学ぶ」というコンセプトに激しく同意。

今月・来月と、二ヶ月連続企画です。

 

little Bitsというツールを使ってプログラミングの基本的な考え方を学んだのち、インターフェースの考え方をコミュニケーションとして理解できるミニワークをしました。

いや、これ、私に必要でしょ!笑

子ども向けのわかりやすいスライド内容が、最近の実感と伴って激しく共感!

 

f:id:iyo_iyooooo:20170626125727g:plain

そう、これ、これよ!

だから私もワークショップデザイナー育成プログラム受験したんだった!と改めて思いました。

■little Bitsとは

http://jp.littlebits.com/about/

 

「デジタル・ネイチャー」ってこういうことなのかな??

最近、落合陽一さんの著書「これからの世界をつくる仲間たちへ」で「デジタル・ネイチャー」という考え方を読みました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01CZK0B2Y/ref=cm_sw_r_cp_awdb_5-huzb5XT5G04 

以下引用

--------

デジタル ・ネイティヴという言葉に対して僕がよく使うのは 、 「デジタル ・ネイチャ ー 」という言葉です 。もはやコンピュ ータやインタ ーネットのある環境が人間にとって 「自然 」になりつつあることは間違いありません 。その 「自然環境 」を客観的に観察し 、人間全体とコンピュ ータの織りなす自然がどうすれば最適になれるのかを考える 。 「コンピュ ータと対峙する様々な状況 」を考えることで 、人間や物理世界や環境などのあらゆるものを統一的に考えていけるのが 、現代です 。

---------

引用ここまで

 

プログラミング思考は、なにもコンピュータ上だけの話ではなくて、全てにおいて通じることで、その対象は人間関係・コンピュータと適宜状況に応じて変わるだけ、という探プロさんの考え方が、「デジタル・ネイチャー」を連想させました。

うまく言えないけど^^;

 

で、うちの子たち、理解できてるわけ?^^;

うーん、どうでしょう?

…自然と長嶋的コメントがでちゃう感じ笑

f:id:iyo_iyooooo:20170626125929g:plain

変に構えていないので、little Bitsも触って使って何となく体得しているようでした。

でも、私がとても共感しながら聞いていたスライドも、6歳の息子はlittle Bitsいじるのに夢中で、全然聞いていなかったし、来月のアウトプットはどうなることやら^^;

 来月は、今回のインプットを受けてグループで実際にピタゴラ装置を作ります。

各自の装置を「つないで」完成となるので、インターフェース学習の実践です。

親子で考えて準備しつつ、経過をグループのみんなと共有して次回に備えます。

いや、ほんとに、どうなることやら!!^^;

がんばりまーす!

高城剛さん「多動日記」を読んでセロトニンが気になる!

高城剛さんのメルマガで新刊「多動日記」を知り、即、読みました。
Kindle Unlimited対象ですよーー♪

f:id:iyo_iyooooo:20170619061320j:plain

多動日記(一)「健康と平和」: -欧州編- (電子版 未来文庫) | 高城剛 | 家庭医学・健康 | Kindleストア | Amazon

 

幸せの正体「セロトニン」が気になった

少し前にメルマガで書かれていた内容の、ベースとなる高城さんのつぶやき(日記)を読むことで、「だからそう書いてあったのかー」と復習できて面白くて、あっという間に読了。

その中でも心にひっかかったのが、こちら。

『幸せや幸福を語る本や映画、音楽は数あれど、幸せの正体について歌い上げる「本物の歌」 は聞いたことがない。幸せとは、セロトニンのことである。』
『脳波をログれば、あらゆる「真実」がわかるが、こうなると、幸せになる方法はスピリチュアルや自己啓発ではなく、科学や医学ではないのか?』

私のまだ漠然としているミッションには「みんなが笑顔になる場を何度もつくる」があります。それをどうやって?私に何ができる?何を通じて実現するの??を考えつつ過ごしています。
上記の文章を読んで、笑顔って幸せな気持ちの時よね?じゃあ幸せそのものだというセロトニンのことも分かっておきたい、と思いました。


セロトニン」とは?

セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた。ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。(ウィキペディアより抜粋)

・・・よく分かんない^^;
超ど素人なんだからしょうがない!入門として以下の本を読んでみました。

■瞑想とセロトニン類の偏在の解消: 元気の出る科学的瞑想法 Kindle

http://amzn.asia/1WUHhx9
こちらも、Kindle Unlimitedです♪

どうやら三大「脳内情報伝達物質」の一つで、他のドーパミンノルアドレナリンバランス調整役らしい。


セロトニン」ってどうしたら増やせるの?

上記本と、併せてこちらも読んでみました。
仏教脳科学: うつ病治療・セロトニンから呼吸法・坐禅、瞑想・解脱まで (サンガ新書) Kindle

http://amzn.asia/dfho02A

2冊を読んだ現時点の私の理解だと、セロトニンは「何も考えない状態」だと脳内で大量にまかれるらしい。同じことばかり考えていると、その部分のセロトニンが減ってしまうので、大量にばらまかれることで偏在が解消するとのこと。
で、「何も考えない状態」への方法として「瞑想」がある。
瞑想は頭の中の片づけで、マントラサンスクリットで、本来的には「文字」「言葉」を意味する。ウィキペディアより抜粋)で雑念を呼び出して、それを次々棚上げして、全部棚上げして無思考になる状態らしい。

 

はい。もっと勉強します^^;

瞑想には興味があったし、Googleなど会社で取入れて良い結果を出してきたことも知っていました。
スピリチュアルや宗教的でなく、そこで語られてきたことが科学や医学として見える化されつつあると知り、よりやってみたくなりました。
まだほんの少ーーし情報を入れただけだし、たくさんの考え方があるかと思います。
身近に瞑想のオフ会もあるので、身近なちょっと先行く人の手をお借りしてセロトニンによる内側からの「幸せ」を体感してみたいな!体感できるかな?!
まぁ、やってみるしかないですねーーー

 

「言葉」があなたの人生を決める(ブックレビュー)

信頼できる方々がお薦めされていたのと、もがき期間の私に必要そう!との本能でこの本を読みましたーーー

amzn.asia

 

  • ゴールは「理想的な現状」であってはならない
  • 言葉が人生を決定する
  • ブリーフ(信念)システムを変える方法2つ
  • イメージ、言葉、情動がキーワード
  • まず、私がやること


ゴールは「理想的な現状」であってはならない

これ、身につまされました。
私が描いていたことって、まさに「理想的な現状」かも。。。
今いる会社でマネージャーになり「ワーキングマザー×管理職」の経験に「英語」とか「ワークショップデザイナー(これから受講予定)」と「何か」を掛け合わせてパラレルキャリアにできないか、と考えてきました。
あぁ、それって「理想的な現状」・・・!!
小さい思考の中にとらわれていたんだな。
ゴールは「現状の外側」に設定すべき!!


言葉が人生を決定する

コーチングの創始者ルー・タイスの方法論は「はじめに言葉ありき」という西洋キリスト教的な考えに支えられているとの事。
私にはなじみのないことですが「言葉」とは宇宙をはじめとする、もろもろの原理との考えらしい。
自分がが自由にコントロールしていると思い込んでいる情動さえも、言葉が規定している!だって!!!
心の中のつぶやきも含まれているようなので、本当に思考を変えないと言葉は変わらない、と理解しました。


ブリーフ(信念)システムを変える方法2つ

「人生のゴールを設定すること」「ビジョンを描くこと」
・・・ですよねぇぇ。
トライしかけては「理想的な現状」にとどまってきた私。
人生のビジョンを描く練習は、現状の外側にあるゴールを達成した将来、自分が見ている世界の姿を思い浮かべるとして、以下の項目がありました。

  • どんな職業を望んでいるか
  • どれくらいの収入か
  • 仕事ではどのような人々に囲まれているか
  • どのようなクルマに乗っているか
  • どのようなコミュニティに属し、どのような家に住んでいるか
  • 家族はどのような様子か
  • どのような精神生活を送っているか

ふむ、そこを具体的に妄想するところがスタートなのね。楽しそう!

 

イメージ、言葉、情動がキーワード

ビジョンが描けたということは、目的が定まったということ。
じゃあ、どうやってその目的地までいく??
本書では「目的的思考」を身につけるとありました。
そして、それを働かせる要素として「イメージ、言葉、情動」が大切との事。
そういえば、中学生の頃は英語を自由に話して、大好きな海外アーティストと一緒にいることを妄想して「よーし勉強頑張るぞー!!」と思っていたな。
その時の自分を裏切りたくなくて、今もちまちま努力しているんだけれど^^;
そんな妄想時は、「この程度でいいか」とか自分にブレーキをかける言葉なんて発していなかったし、最高の未来を思ってわくわくしていたことを思い出しました。
そして、具体的に思い描くほどに現状がしっくりこなくなること、なんとなく分かりました。


まず、私がやること

ビジョンを再考します。
最近、未来を思い描いてわくわくする、ということがなかったと気づきました。
この春は特に、進まなければ、立ち止まってはだめ!という強迫観念(?)でやってきました。
もちろん、そのお蔭で停滞しないでこれたし、苦しくても行動をやめなかった自分を褒めてあげたいくらいの気持ちに復活できました。
でも、どこに向いたいのかはっきりした上で、また行動に移したい、そうすべき!と思えました。
そして、ビジョン達成後の世界を寝る前に想像する、を日課にします。

寝落ちしないようにしなきゃーーー

 

おまけ

今回のブログ、「書き終わったー♪」と思ったあとにPCダウンして、もう一度書き直したんです涙
思わず「もう一回書くなんて無理ーーーっっ」と叫びましたよ笑
はっ、めっちゃマイナスな言葉放ってる!!汗 と気づき、
「もう一回考えて書くことで、より自分の身につく」と唱え直しました笑
行動と言葉、変えるの難しいかもですが、気づいてやり直すうちに身につけていけばいいよね!と思いました♪

会いたい人に会う♪ 料理家あっこさんイベント参加報告

今年は「会いたい人に会う」と決めています♪
先日、お料理ブロガーで、インターネット料理レシピサイトのNadia Artist(料理家)で、GABAスパイス大使の豊田亜希子さんのアメリカ料理イベントに行ってきました!
■豊田亜希子さん

豊田亜紀子のプロフィール|Ameba (アメーバ)
profile.ameba.jp

www.youtube.com


■Nadia

oceans-nadia.com

 

どうして会いたかったの?


あっこさんとオンラインコミュニティで知り合ったのは、、、5年前!!!
オンライン上でも、パワフルで、明るくて、美しい物が好きで、ご自身の意見をはっきり言い切れる格好良さが伝わって、あっこさんの投稿が楽しみでした。
何より、ご自身の求める未来に向かって、努力を惜しまず、ずっと継続されている姿を尊敬しています。


お料理ブログは毎日!更新。しかも、2013年11月からずっとですよ!?!?
そしてゼロからのスタートで、料理家としての結果を着実に出されている!
大人になっても前進できるんだ、ということを近い距離で見せていただいています。

そのほんの一例がこちら↓↓↓

  • 2014年
    「缶詰・びん詰・レトルト食品を使ったお弁当おかずレシピコンテスト」日本缶詰びん詰レトルト食品協会賞 受賞
  • 2015年
    光文社『JJ』掲載
    扶桑社『レシピブログmagazine』秋号と冬号にレシピ掲載
    『彩りレシピ』kindle出版(無料出版)
  • 2016年
    ハウス食品『GABANスパイス大使』(2017年現在も)
    宝島社『具だくさんサンドBEST100』にレシピ掲載
  • 2017年
    KADOKAWA『すごい料理の裏ワザ』にレシピ掲載

そんな愛知県拠点のあっこさんが、東京でのイベントにお声がけしてくれたら、行くしかないでしょーっ!!

そして、今回初対面(´∀`*)
…全然初めてな気がしない笑
キッチンスタジオで、ちゃきちゃき話しながらお料理をするあっこさんを拝見して、「あっこ さんらしい〜」と笑っちゃうくらい、初めまして感がなかったです。
オンラインでも人格ってダダ漏れなのね、と改めて思いました。

f:id:iyo_iyooooo:20170601062040j:plain

どんなイベントだったの?

行くまでわかりませんでした笑
とにかく、あっこさんに会いたくて!
イベントにお誘い頂いた今年の初めから、楽しみにしていました。

当日はあっこさんの愛する「アメリカ料理」、特に南部の料理をご紹介してくれました。

チリコンカンからはじまり、スパイスケーキまで10品でおもてなししていただきました。
スパイスたっぷりのお料理、おいしかったーーーさすが、スパイス大使♪
私の写真だとイマイチなので、詳細はあっこさんのブログをご参照ください笑

ameblo.jp


このイベントに参加した17名は、みんなオンラインコミュニティで出会った方々。
リアル対面がはじめましての方もいましたが、あっこさん同様昔からの知り合いのように楽しく過ごせました。
温かくて、いい雰囲気だったなーーーー

まとめ

あっこさんは、求める未来へ向けて、戦略を持ってコツコツを継続されている「身近な先行く人」です。
現在進行形で進まれている素敵な大人が身近にいる環境に、改めて感謝。
そして「戦略を持って」が私に足りないと思いました。
今年も、もう6月!!!
残りの日々をどうやって過ごすのか、また振り返りと計画のブラッシュアップをしなければーー

夏休み家族旅行2017☆タイ サムイ島に決定しました!

ゴールデンウィークに迷走しまくり、へとへとになっていた夏休み家族旅行計画ですが、タイのサムイ島に決定しました!
エアもホテルも予約できて、ほっ。

夏休みの家族旅行計画、迷走中~~ - ワーキングマザーの「じわじわ前進」日記♪

 

決め手は?

去年8月に雨季と知りつつも行ったプーケットが、想定以上に雨ばかりで不完全燃焼でした。

jr.curiosw.com

そこで、とにかくこだわったのは
「雨季じゃないアジアンビーチ!!!」
だいぶ限定されてきますよね^^;

サムイ島の本格的な雨季は11月~12月半ばとのこと。

サムイ島シーズンと気候、季節。タイ、サムイ島ダイビングほうぼう屋

サムイ島へは過去2回行ったことがあり、ビーチと町の規模感がちょうど良くて楽しかったし、ホテルの選択肢もたくさんあるので決定しました!!

エアもSkyscannerで検索し、無事4人分ゲット!

https://www.skyscanner.jp/

 

どこのビーチ?どのホテルにしたの?

過去2回とも一番賑やかなチャウエンビーチだったので、今回はメナムビーチにしてみようかと検討開始。
でも、ビーチフロントのホテルは選択肢が少なく、高級すぎ!だったり、予算内だとファシリティがイマイチでときめかなかったり。。。
で、結局今回もチャウエンビーチにしちゃいました!

ホテルは、「プール付きヴィラだけどお手頃で泊まれる」と口コミされている笑、こちらに決定!

ブリザ ビーチ リゾート & スパ (The Briza Beach Resort Samui) -チャウエン-【 口コミ・料金比較・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

子ども達、テンションMAXになるだろうなーーー
エアもホテルも無事に予約完了し、やっと夏休みが楽しみになってきました♪

 

今回の反省点

やっぱり検討スタート時期は遅かった!!

ゴールデンウィークじゃあ、遅いですね^^;
4月上旬だったら、エアの選択肢もたくさんあっただろうし、もうちょっと気持ちにゆとりを持って検討できたと思います。
まぁ、今春はこのブログにも何度も書いていますが、周囲の変化や自分の停滞感への焦りでもがいていたから、旅行計画なんて考える気になれなかった。しょうがない。
旅行考える気になっただけでも、だいぶ元気になっている証拠♪
結果として、納得の予約ができたので、良しとします♪♪

来年の4月は、気持ちにゆとりを持って楽しく旅行計画ができる自分でいたいです。

 

おまけ☆サムイ島の想い出

サムイ島へ初めて行ったのは、20歳の時。
私にとって、初めてのバックパック旅行でした。

でも、女友達5人旅だったので、怖いものなし!
めっちゃくちゃ楽しかった~~~
サムイ島へは、陸路で行きました。

バンコクから夜行バスで13時間かけて、スラーターニ港へ行き、そこから船で約1時間でやっと到着!
到着しても泊まる場所も決めていないので、そんなバックパッカー向けにバンガローを紹介してくれる業者さんの車に乗り、選択。
当時としては贅沢と感じた800バーツ/日(約3200円)のバンガローを5人で2つ借りて、過ごしました。
当時もサムイ島への空路は出来ていましたが、まだまだのーんびりしていて、チャウエンビーチにあった「レゲエバー」では、なぜかマイケル・ジャクソンが流れていたなぁ笑
サムイ島の次はどこへ行くかも決まっていなくて、友達と「地球の歩き方」を見ながらわいわい検討するのも、楽しかったー!!
他に考えることと言えば「今日何食べる?」くらいしかなかった日々!
この旅で私は、アジアンビーチにすっかり魅了されてしまったんです。

 

で、二回目は結婚2年目の夏休みに夫と二人で。
夫は海外苦手なのですが、タイ料理は好きというところに付け込んで笑、
「毎日トム・ヤム・クン食べる」ということを条件に、決定しました。
二回目は空路でサムイ島に到着し、ビーチフロントの綺麗なバンガローに泊まり、
私も大人になったなぁと思いました。

f:id:iyo_iyooooo:20170521111633j:plain

 

f:id:iyo_iyooooo:20170521111731j:plain


でも、それも10年以上前のこと。

サムイ島の現在の変化っぷりを見てこようと思います。

またご報告しますね♪